血液型占いが外国人に興味をもたれない理由

当たる!血液型占い!A型B型O型AB型相性は?

血液型占いを超える無料占いならココ!

占い

血液型占いが外国人に興味をもたれない理由

日本でブームを巻き起こした血液型占いは、海外ではどういう反応があるのでしょう。
もともとはオーストラリアの学者が発見した占いです。

日本に知れ渡ったのは、もう少し後になってからです。
そこで「当たるのではないか?」と注目されて、ちょっとブームになりましたね。

そのとき、海外の外国人たちは、血液型占いに対してどのように考えていたのでしょう?

答えは、やはり日本と同じで一時的にブームになった模様です。
でもその後は、血液型占いの1番の弱点である「根拠ナシ」を突かれて忘れ去られてしまいました。

日本では今も、他の「ん?何それ」という占いと共に、かろうじて生き延びることができています。
相変わらず的中率が低いと言われながらですが・・・。

でも、まだきちんとと血液型占いが認知されているのは、他にも理由があります。
日本人は血液型に「興味」をもちやすい傾向があるからです。

職場で毎日顔を合わせる人とか、好きな人や友人などの、血液型が気になることがあるでしょう?
興味をもっていて、わざわざ聞いてしまうことがあるのは、日本人だけなのですね。

日本よりも大国で、もっと総人口の多いところでは、血液型占いはほとんど知られていません。
というか、完全に忘れられているといったほうが良いかもしれませんね。

知らない人もいれば、知っていても「そういう占いもあったな・・・」という感覚でしょう。

さらに知らないといえば、外国人のなかには、自分の血液型すら知らない人もいるのだとか。
病院にお世話になるような緊急時でも、本人は「I,don´t know」なんて言っちゃうのが外国人には多いということ。

なので交通事故に遭った場合は、大慌てで血液検査をしなくてはいけないのです。

このように、生まれつき病をもっているなどの、深刻な原因がなければ血液型には興味をもたない傾向があります。

国によっては、日本人のようにABO型がまばらにあるのに対して、A型とO型しかいないなどの、ちょっと信じられないようなところもあるそうです。

世界中で人気がある占いですが、血液型から占いができるというのは、日本人以上に海外では「そんなわけない」と辛口評価。
最初から興味のない血液型で占いをするといわれても、素っ気ない反応がかえってきても仕方ないのかもしれませんね。

そんなあやふやな血液型占いではありますが、4種類を「気質」に分けて考えることだけはできるのです。
みんなが、血液型を聞いてぼんやりと思い浮かべるイメージが気質です。

全く興味がないといわれる海外よりも、血液型占いは、まだ日本のほうが浸透率が高いような気がしますね。

QLOOKアクセス解析